顧客満足度ランキングから考えられるLCCの今後

夕方の空港

顧客満足度ランキングから考えられるLCCの今後

今や飛行機に乗る手段として多くの人に利用されているLCCの最大のメリットは、やはり格安な運賃にあるでしょう。
国内の移動であれば新幹線はもとより、バスと変わらない激安な航空券を設定しているケースも見られるほどです。
チケットショップで格安な航空券を手に入れたり、大手航空会社の大幅割引チケットも安く飛行機に乗る手段のひとつですが、やはり金額に関してはLCCにはかないません。

LCCは増え続けている

近年は、新規参入により国内のLCCの数は年々増加していることから路線も充実してきています。
その一方でLCCには「安かろう、悪かろう」といったイメージを持っている人も少なくないようです。
LCC各社ではこういったイメージを払拭したいという思いが強く、さまざまなサービスなどによって他社との差別化を打ち出しているところも少なくありません。
ここでは、数多いLCCの中からどれを選べば快適に空の旅が楽しめるのかを紹介したいと思います。

顧客満足度ランキングの結果

表彰台
紹介するのは「オリコン日本顧客満足度ランキング」の「LCC国内線」におけるアンケート結果です。
アンケート対象者は過去2年以内に実際にLCCを利用した人たち約2300人で、いくつかの項目ごとに回答を得たものです。
評価項目は「購入手続きのしやすさ」「空港スタッフ」と「客室乗務員」の対応およびサービス、「機内食」「機内環境・設備」「座席の快適さ」そして「コストパフォーマンス」7項目です。
その結果、最もポイントを集めたのは「Spring Japan(春秋航空日本)」という日中合弁の会社で、この会社は前回の調査でも1位を獲得しています。
そして7つの項目のうち機内環境・設備は2位ですが、それ以外においてはすべて1位となっています。
第2位には「ピーチ」、第3位に「バニラエア」、そして第4位には「ジェットスター」という結果でした

今後LCCが求められるもの

Spring Japanは2014年8月に就航と国内のLCCとしては後発であり、また路線も成田、関西、広島、佐賀、新千歳とさほど多くないためにあまり知名度は高くないようですが、利用者からは高い評価を受けているようです。
Spring Japanが特に高評価を受けているのが「客室乗務員」と「空港スタッフ」で、「機内食」も多くのポイントを得ています。
もちろんそれぞれの点でいろいろな手を尽くしているのは間違いないかと思いますが、利用する人には「LCCは安かろう、悪かろう」のイメージがあります。
だからこそ、少しのサービス向上や質の高い接客をすることで大きく評価がアップするといえるのかもしれません。

今やLCCが格安なのは当然ですし、利用条件も制限内容もどのLCCでもさほど違いはありません。
だからこそ、如何に快適な空の旅ができるかという点がLCC選びには重要なポイントとなってきているのでしょう。

Copyright(C)2017 リゾート地へ旅行に行くなら?人気の格安航空会社バニラエア! All Rights Reserved.