バニラエアでリゾート地へひとっ飛び

夕方の空港

バニラエアでリゾート地へひとっ飛び

近年は飛行機による国内の旅行の際にLCCを利用する人も増えてきています。
金券ショップで格安な航空券を手に入れたり、大手の航空会社による「早割」などの航空券の割引サービスも飛行機に乗るお得な方法ですが、料金に関していうならやはりLCCが最も安く利用できる手段です。

バニラエアとは?

現在LCCは数多く存在していますが、その中でもバニラエアは「誰もが利用しやすいLCC」として大いに注目を集めています。
バニラエアは2013年にANAホールディングスの100パーセント出資の元で就航した成田空港を拠点としたLCCです。
就航路線は成田から那覇、札幌、函館、大阪、奄美大島をはじめ、大阪から函館、奄美大島の国内線のほか、成田から台湾の台北や高雄、香港、セブ、さらに大阪から台北、ホーチミンと海外へのフライトも行なっています。
路線箇所や数は今後も増えていく予定のようです。

バニラエアの料金体系

ピンクのキャリーケース
運賃体系は大別すると「コミコミバニラ」と「シンプルバニラ」の2つに加えて、不定期に登場する「わくわくバニラ」があります。
「コミコミバニラ」は機内預け荷物が20㎏まで無料やスタンダードシートの事前座席指定が無料、また便や日付の変更は500円~の手数料を支払えば可能です。
さらに、有料とはなりますがキャンセルによる払い戻しができるのはLCCとしては珍しいといえます。
「シンプルバニラ」は機内預け荷物や座席指定などにはお金が掛かりますがこれはLCCとしては全く普通のことなので、とにかく安くバニラエアに乗りたいという人向けのタイプです。
「わくわくバニラ」は格安で利用できるキャンペーンなどが適用されるものですが、不定期で登場するので興味のある人は常にホームページをチェックするか、メールマガジンに登録するなど、インターネットを活用しておくといいでしょう。
なお規定のサイズ以内であれば機内へ手荷物は持ち込めますが、少しでもオーバーすると預け荷物になってしまうので注意が必要です。

バニラエアを利用しよう

搭乗の際は当日空港でチェックインしますが、あらかじめウェブチェックインを済ませておけば楽に時間短縮もできるので便利です。
ただ成田空港の場合は第3ターミナルとちょっと離れた場所にあり、第2ターミナルから歩くか連絡バスを利用することになるので時間が掛かることを覚えておきましょう。
機内でのサービスについてですが、一般的なLCCと同様に機内食やドリンクなどは有料となっています。
ただこの機内食が結構人気で、定番のメニューに加えて季節ごとにラインナップが新しくなったり、バニラエアらしい「レジャー・リゾート」気分が盛り上がるメニューもあります。
スイーツが充実していたりドリンクも豊富と、有料とはいえ十分楽しむことができるはずです。
座席間隔は広いとはいえませんが普通の体格の人なら大丈夫でしょうし、国内の移動であればフライト時間はさほど長くないので問題はないかと思いますよ。

  ← 前の記事:
  
:次の記事 →
Copyright(C)2017 リゾート地へ旅行に行くなら?人気の格安航空会社バニラエア! All Rights Reserved.