LCCを利用する際の注意点

夕方の空港

LCCを利用する際の注意点

以前までは飛行機での国内の旅行は運賃が高いとされていましたが、今では飛行機に格安に乗る手段がいくつかあります。
チケットショップへ行けば格安な航空券が簡単に手に入りますし、大手の航空会社の「早割」といったサービスを利用すれば大幅な割引価格で購入できます。
今や国内の飛行機旅行はけっして「お高い」ものではなくなりました。

LCCはとにかく安い

激安価格、と書かれた文字ポップ
しかし、とにかく安く飛行機に乗りたいのであればLCCを利用するのが最もおすすめの手段です。
いってみれば大手航空会社の「早割」などの割引システムはLCCの料金に対抗するためのものでもあり、現在の航空料金を大きく引き下げた元を作ったのはLCCだといっても過言ではないでしょう。
ところがLCCは安い分大手航空会社とは異なる注意点や制限事項がいくつかあるのも事実で、それらを知らずに利用してはいろいろと問題が起こる可能性もあり得ます。
ただ、それらをしっかり理解・納得したうえで利用すれば何の問題もないはずなので、ここでその注意点・制限事項を紹介しておきましょう。

まずは予約方法が違う

まず最初に、チケットの予約方法が異なります。
大手航空会社では電話や窓口で航空券を予約・購入できますが、LCCではホームページからの購入に限定されていたり電話や窓口で行なう際には料金が掛かるのが一般的です。
次に、搭乗ターミナルがメインとは別の離れた場所にあることが多い点です。
したがって、ターミナル内での移動が多かったり時間が掛かることがあります。
また搭乗締め切り時間が厳密で少しでも遅れると乗せてもらえないこともあるので、空港には余裕をもって到着することが必要です。

いろいろとお金が掛かる

そしていろいろなサービスなどがオプション扱いになることです。
座席の事前指定、便や日付の変更、機内預け荷物、機内食やドリンクなどなど…、大手航空会社では普通にできることがほとんどオプションとなってお金が掛かります。
映画などのエンターテイメント、毛布などもありません。
もちろんそれらが必要のない人にとっては何の問題もないのですが、JALやANAに慣れた人にとっては物足りなかったり抵抗を感じることもあるようです。
座席間隔が狭いこともデメリットとなるでしょう。

その他にもデメリットあり

他にも、フライトキャンセルや遅延が多いことも挙げられます。
また機材の故障などで欠航になった場合、大手航空会社なら他社便への振り替えを行なってくれたり、その日のフライトが都合できなければホテル代や食事代を航空会社が負担してくれます。
しかしLCCでは自社の責任による欠航でも自社便への振り替えしかしませんし、宿泊が必要な場合でも個人が自分で探さなければなりませんし代金も自己負担となります。
このようにLCCではさまざまな注意点やデメリットがありますが、安く飛行機に乗りたいのであれば確実に最適な手段であるのは間違いないでしょう。

Copyright(C)2017 リゾート地へ旅行に行くなら?人気の格安航空会社バニラエア! All Rights Reserved.