LCCか、既存の航空会社か

夕方の空港

LCCか、既存の航空会社か

最近は昔に比べると飛行機での旅行も安くできるようになってきました。
大手航空会社の提供する格安な航空券が手に入りやすくなったこともその理由のひとつですが、やはりなんといってもLCCの台頭が最大の理由ではないでしょうか。

LCCとは?

LCCはLow Cost Carrierの略称で格安航空会社のことで、今や飛行機旅行の手段としてなくてはならないものとなった観があります。
運営にあたって多くの部分において効率化を行ない、それによって低価格での運航サービスを提供しているのがLCCです。
運行路線を特定区間に絞り込んだり使用機種を統一したり、インターネットを最大限に利用して人件費を減らしたり機内サービスを廃止したり有料化するなど、さまざま点において見直しをすることでコストを減らし格安運賃を可能にしています。

LCCの特徴

これらのサービスの簡素化や有料化は一部のカスタマーにとっては好ましいものでないとされている部分もないとはいえません。
しかし、特に国内の移動手段として飛行機の利用は高いと感じている人も少なくなく、そんな人にとってLCCは最適といえるでしょう。
国内の移動であれば時間はせいぜい2時間程度しか掛かりませんから、LCCのデメリットとされる座席間隔が短くてもそれほど苦痛ではないでしょう。
また飲み物や機内食などのサービス、ビデオなどのエンターテイメントがなくても問題はないはずです。
そんなものは必要ない、それよりもできるだけ安く飛行機を利用したいという人にとってはLCCはもってこいなのです。
中にはLCCは事故が多いといったイメージを持っている人もいるようですが、その点は全く心配はありません。

飛行機を利用する際の選択肢

青い航空券
もちろんお金を多めに支払っても快適に移動したいという人も少なくないでしょう。
それなら、大手航空会社を利用すればいいだけです。
近年はLCCの台頭に対抗してANAやJALなどでも早期予約購入割引などの格安の航空チケットを販売しているので、それらを利用すれば比較的お得で快適な空の旅ができます。
また、街のチケットショップでも格安に航空券を手に入れることができます。
さらに傘下や子会社、出資といったかたちで、既存の大手航空会社がLCCを運営しているケースもあります。
利用する人のニーズに合わせて選択肢が増え、いろいろな方法で安く飛行機を利用できるようになったのは歓迎すべきことですよね。
価格を優先するならLCC、サービスや利便性を取るなら従来の航空会社といったところでしょうか。

  ← 前の記事:
  
Copyright(C)2017 リゾート地へ旅行に行くなら?人気の格安航空会社バニラエア! All Rights Reserved.