LCC利用時のメリット・デメリット

夕方の空港

LCC利用時のメリット・デメリット

飛行機をできるだけ格安で利用したいと思ったとき、多くの人がLCCの利用を考えるのではないでしょうか。
LCCは格安航空会社のことで、その低価格が国内だけでなく海外への移動手段として人気です。
でも価格が安いからと飛びついてしまってはいろいろと問題があることもあるようです。
ここでは、LCCを利用する際のメリット、デメリットについて考えてみましょう。

LCCのメリット

LCCの最大のメリットは運賃が安い点が挙げられます。
大手航空会社の運賃と比較すると、路線や時期などにもよりますが2~5割程度安いようです。
そのうえ、販売促進の目的で時間を限って非常に破格的な金額で航空券を販売することもあります。
ただし日にちや時間、行き先などが限定されていますから、予定を決めて航空券を購入するという一般的な流れではなく格安なチケットを手に入れてから予定を立てるといったケースが好ましいでしょう。
大手航空会社の格安チケットの場合は購入時にはフライト便名やスケジュールがわからないことがほとんどですが、LCCでは購入の時にそれがわかるので計画が立てやすいといえます。
また片道チケットが基本なので滞在の最低・最大日程といった制限がないので使いやすいです。
さらに大手航空会社の格安チケットは片道も往復も料金があまり変わらないのですが、LCCは片道ベースなので安く購入出来て、行きは飛行機、帰りは船といったアレンジも簡単です。

LCCのデメリット

狭そうな座席
ではデメリットはどうかというと、LCCを利用した人からしばしば耳にするのが「座席間隔が狭い」というものです。
LCCでは少しでも多くの乗客を乗せようという意図があるので、どうしても座席間隔を狭くする必要があるからです。
また、機内食やドリンク、映画などのエンターテイメント、毛布などの機内サービスは事前に予約するか当日機内で購入しなければなりません。
機内預け荷物が有料だったり、座席指定が有料もしくは事前の座席指定ができないといった点もデメリットといえます。
遅延やフライトキャンセルが多く、欠航時の保証がないことも知っておくべきです。
大手航空会社のフライトなら機材の故障などで結構になったなら他社便への振り替えや翌日になる場合ならホテルや食事の負担をしてもらえますが、LCCでは行なってもらえないと思ておきましょう。
飛行機の離発着料を安くするためにメインターミナルではなく離れた場所を使用していることも少なくありませんし、ボーディングブリッジを使わずバスで移動するケースもあります。
こういったデメリットもしっかり認識して問題ないと考えるなら、LCCは国内において現時点で最も安く飛行機を利用する手段なのは間違いないでしょう。

Copyright(C)2017 リゾート地へ旅行に行くなら?人気の格安航空会社バニラエア! All Rights Reserved.